ジパングカジノ徹底解剖!クチコミ・入金・出金、ボーナス情報【2022年6月最新】

ジパングカジノは、日本市場をターゲットにしているので、日本人ユーザーへの配慮が行き届いています。 アカウントのセキュリティをはじめ、毎月のペイアウト率の実数が、ジパングカジノのオンラインサイト上で公開されています。 アイウォレットの出金処理にかかる時間ですが、出金依頼日の翌営業日で完了します。 出金には、 エコペイズとアイウォレットが採用されています。 ジパングカジノの入金には、エコペイズ、各種カード、アイウォレット、エントロペイ などが使えます。 メガジャック、ジャックス・オア・ベター、テンズ・オア・ベターの3種類を除くビデオポーカーでは「フリープレイ」が提供されていて、無料でポーカーを楽しめます。

また公式Yotube動画ジパングカジノTVではゲームのルールから、セクシー美女のバカラ勝負まで様々なテーマでカジノの面白さを解説している点は興味深いですね。 プレイテックはギャンブル業界でも最も権威のある審査機関GLIの認定企業でもあります。 プレイテックのプラットフォームなら、安全性や公平性は十分に信頼できるものです。 実は、ジパングカジノ自身も、Gaming Laboratories International(GLI)と監査契約を結んでいます。 Zipangcasinoのホーム画面にはGLIのロゴが載せられています。 また、2006年から2019年までのGLIのよるペイアウト率テストの結果がジパングカジノサイト内で公表されています。

もちろん規約を違反しないに越したことはありませんが、万が一規約違反してしまった場合には、バレる前に自分で連絡するようにしましょう。 特に多く見られるのがボーナスの有効期限が24時間しかないため、出金がほぼ不可能であるということです。 ジパングカジノには「生ものボーナス」という特殊なリロードボーナスがあります。

このおかげで遊べるゲームラインナップが一気に充実しており、現在は遊べるゲーム数が1,000種類を超え、今後もより魅力的なゲームが追加されていくことでしょう。 、1度ボーナスを受け取ってしまうと、出金条件を達成しないと現金の出金をした時点でボーナスが全額没収されます。 他オンラインカジノではみられないような独自のプロモーションが開催されると、その独特の存在感ゆえに一度遊んでみたくなってしまいそうですね。 期間が短く難易度は高いが高額ボーナスがもらえるチャンスがある「生ものボーナス」など、さまざまなプロモーションが開催されています。 この記事を読むことでそんなジパングカジノの魅力の数々や、すぐに遊べるための手順を知ることができるでしょう。

  • ジパングカジノはボーナスシステムに一体型というのを採用しています。
  • ジパングカジノは、名前の通り日本人プレーヤーをおもてなしの精神で運営されている為、気持ちよくプレーできる環境づくりを徹底して構築しています。
  • たとえば、ゲームプレイ中に変な動きになったりすることで、「イカサマをしているのではないか?」というように疑われることが多いです。
  • キャッシュバックは口座残高が1ドル未満になったときに現金で進呈されるプロモーションとなっています。

さらにタブレットやiPadなどにも対応しており、場所時間は気にせずいつでも楽しむことができます。 初回登録後の特典ともいえるウェルカムボーナスなど高額なボーナスが用意されているので、受け取りたい方はこちらをご覧ください。 当サイトをご利用に際し、前提として18歳以上であること及びに各ユーザーに適用されているゲーム法が遵守される事が条件となります。

24時間常駐の日本語サポートも嬉しいオンラインカジノです。 クレジットカードは入金のみ利用でき出金には利用できないため、入出金どちらも可能な電子決済サービスがおすすめです。 アカウントを持っていない人はどれか一つアカウントを作成しておきたいところです。 送金手数料やPaytraからの引き出し手数料は無料となっています。 ジパングカジノの公式サイト上には入金不要ボーナスは現在ありません。 初回入金ボーナスやその他のプロモーション、キャンペーンの種類がとても充実しているので、それだけで十分満足できる内容となっています。

ジパングカジノのアプリでは、125種類以上のゲームで遊ぶことができます。 スロット、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカー、ライブゲームなどの人気のゲームが豊富にそろっています。 アメコミ系のキャラクターゲームが多いのも人気の理由のひとつです。 日本人に人気のあるジパングカジノにAndroid版アプリが登場しました! ジパングカジノはダウンロード版、フラッシュ版、モバイル版、などさまざまな方法で遊ぶことができますが、アプリ版が新たに加わったことで、より手軽に楽しむことができるようになりました。 今回はジパングカジノアプリのインストール方法や遊び方をご紹介いたします。

ジパングカジノを始めるには、まずアカウント登録をすることから始めます。 ボーナス除外ゲームでは、ゲームで遊ぶことはできますが、ボーナス条件は消化されません。 禁止ゲームで遊んでしまうと、ボーナスや勝利金はすべて没収されてしまうので、注意が必要です。 入金額2,000ドル以上では、1,000ドルのボーナスです。 2,000ドルの入金に対してもボーナスが贈呈されるのは、他ではなかなか見られず、魅力的です。 スポーツ振興や地域貢献を通じて、社会的貢献も果たしている、ジパングカジノのスポーツベットは、日本市場用には特に用意されていません。

おすすめベラジョンカジノのゲーム

使用方法は簡単、入金後に公式サイトの「オンラインサポート」ボタンをクリックして、使用したいボーナスをチャット欄に入力するだけ。 オンカジ ジパングは、公式ページとサポートが完全日本語なところがプレイヤーに高評価ですが、遊べるゲーム数、入出金に使える決済方法が少ないところが非常に残念です。 日本人に人気のパチスロ風スロットや銀行送金などの決済方法が導入されることを期待したいと思います。

ぜひジパングカジノでお好きなカジノゲームを見つけてベットしてみてください。 ジパングカジノで受け取れるボーナスは、初心者からベテラン、そしてハイローラーのプレイヤーに至るまで全ての方に満足いただけるようなボーナスになっています。 なお、初回入金ボーナス3種類(入金額100%、200%、300%初回入金ボーナス)には1ゲームにベットできる上限額がボーナス額の25%と決められています。

日本人はここでお金持ち!ジパングカジノ

コンプポイントは、どうしてもお金が必要なときや、もっとお金が必要なときなど、さまざまな状況で使用できます。 これを繰り返すことで、ジパングカジノ側に貯まるコンプポイントがやがて増え、ポイントを交換することができます。 ボーナスゲーム中に3つ以上のスキャッターが着地すると、15ゲームが追加されるので、大勝利を期待できます。 ジャックポットが3つ以上ある場合は払い戻しが行われるため、手配は比較的簡単です。 ジャックポットが5つある場合は、賭け金の50倍の払い戻しが行われます。 DRAGON CHAMPIONには2つの主なフィーチャがあります。

ジパングカジノのサポートは業界でもトップクラスで評判です。 ですが、日本円が使えるカジノではないのが少し残念な点です。 冒頭でも少し触れた通りカジノ ジパングは、24時間年中無休で日本語オンラインカジノ サポートに対応しています。 そのため初心者でも安心してオンラインカジノを楽しむことができます。 ライブチャット、メール、電話での問い合わせができますが、現在はメールのみの対応となっています。

そんなネガティブなイメージを払拭すべく、ジパングカジノでは申請の翌営業日の支払いに対応しています! 引き出し先も豊富に用意されていますので、出金のことでストレスを抱えることは少なくなるでしょう。 BigCatMegawaysのキモは「Roading Free Spin」というフリースピン購入機能にあります。 規定の金額でフリースピンを購入すると、スピンブースターというギャンブルホイールに挑戦可能。 スピンブースターはコストを支払う限り成否に関わらず再挑戦できるので、フリースピン上限の50回まで増やすことは容易です。

責任あるプレイをし、許容範囲を超えたお金を賭けないようにしましょう。 しぼり七福神とは、オンラインカジノを愛し日々プレイしているグループ。 当サイトの運営だけで無く、YouTube、Twittterもやってる。 また、条件を満たしている場合、入金後遊び始めるまでにカスタマーサポートにボーナスを受け取ることを伝えなければなりません。

これらのテストをもとに、ジパングカジノのゲームのアルゴリズムはすべて公平であるとみなされます。 引き出しは基本的に「入金時に使用した手段」に優先的に払い戻しされます。 以下の手順で希望する引き出し先を指定しても、カジノ側で払い戻し先が変更される場合があるので注意してください。 エコペイズにログインしていない場合は取引確認画面ではなく、先にログイン画面に飛ばされることがあります。

ジパングカジノ系列として知名度アップに貢献

世界でも最大老舗のオンラインカジノで、1996年の創業以来数々のカジノイベントで受賞してきた為 海外での知名度は抜群! さらに日本にも初めて進出したカジノの為、日本でも知名度はピカイチ! パソコンからだけではなく、スマホやタブレットからも遊べます。 登録、入金、遊んでからのお金の引き出しまで全てスマホ1台あれば問題ありません。 ジパングカジノのオンラインカジノ 出金時間はペイトラ、エコペイズのどちらかを使用するかで多少変化します。 ペイトラは『土日を含み毎日お昼12時までに請求された場合は当日中の処理』、エコペイズは土日は営業日に含まれませんが『午後11時59分59秒までに請求された場合、翌営業日5時までに処理』です。

期間限定で、プロモーションメールを受け取った方のみのジパングカジノ ボーナスです。 ペイトラから入金をすることで10%増量するというプロモーションになります。 ジパングカジノにはペイトラとエコペイズの2種類がありますが、あくまでもペイトラで入金した場合のみのボーナスです。 入金ボーナスも除外ゲームが多いだけではなく、①から③まで賭け条件というのが決まっています。 自分がプレイしようと思っているゲームが除外ゲームなのか、賭け条件がどのくらいなのかが、分からなかったらサポートセンターへ問い合わせるようにしましょう。 ジパングカジノでは一ヵ月で最大2000ドルを上限に、入金額の10%をマッチボーナスとして貰うことができるというものです。

ジパングカジノの運営会社はフィリピンにある「ベイビュー・テクノロジーズ・リミテッド(Bayview Technologies, Limited.)」によって運営されています。 カジノは、ラスベガスにあるような実店舗やオンラインで行われるゲームも絶対に稼げるということはありません。 また、期間限定のクエストを全てクリアすることでボーナス額が、最低30ドルから最高100ドルまで増やすことができます。 https://zpng-online-casino.com/ 「どんなものかわからず不安」「大金を取られたらどうしよう」「なんかよくない会社が運営しているのでは」などマイナスなイメージを持ち、なかなかトライできないのが現状ではないでしょうか。

ですので、通常の10倍の厳しさになってしまいますが、時間をかけるとブラックジャックでそれほど元手を減らさずに賭け条件を消費できるのです。 勝ち負けに関係なく除外ゲームと禁止ゲーム(後ほど解説します)で遊ばなければ引き出すことができないので注意してください。 入金なしでは勝ち分を引き出すハードルも500ドルとなっていますが、入金すれば引き出しやすくなっていますね。

入金不要ボーナスの勝利金の獲得上限は$300ですが、初回入金後に獲得した勝利金については上限はありません。 入金不要ボーナスの賭け条件は10倍なのでかなり甘いですが、初回入金ボーナスの賭け条件もクリアーしないといけないという点にご注意ください。 ジパングカジノ(Zipang Casino)は、オンラインカジノ業界で老舗カジノとして長く運営していますが、サポート面やプロモーションの面では課題が残る印象を持ちました。

ボーナスの内容は各オンラインカジノが様々な形で提供しています。 本ゲームはマルチプライヤーの機能が搭載されており、最大で10,000倍の高額賞金が獲得できる人気ゲームです。 本テーブルには4種類のジャックポット機能が搭載されており、高額ジャックポット賞金を狙うことが可能です。 ジパングカジノの運営会社(Osmila N.V.)は、キュラソー政府によって正式に運営を許可されている合法オンラインカジノです。 キュラソー政府が認定する機関(Antillephone NV)により、運営情報、サービス内容など、定期的に細かく監査されているので安全に楽しめます。

また、外部機関による監査も定期的に実施しており、セキュリティ(安全性)は当然のこと、すべての方に安心できる公平な結果をお約束いたします! もちろん困ったときに頼りになる日本語サポートも24時間365日ご提供いたしております。 ジパングカジノ 有効なボーナスの多くはボーナスコードではなく、プレイヤーに直接メールが送られたりライブチャットへ申請する仕組みなのが特徴です。 また、ジパングカジノの現在有効なボーナスは公式サイトのプロモーションページ下の「開催中のプロモーション」から確認してみて下さい! 元祖日本語対応のオンラインカジノだけあって、カジノプレイヤーをワクワクさせてくれるプロモーション満載ですよ。

「制限を受けることなく自由にプレイを楽しみたい」と考えているのであれば、最初からボーナスを受け取らないようにしましょう。 実際にボーナスオファーを受けた場合でも、スムーズな出金を優先したい場合にはボーナスを受け取らないという選択肢も1つの手です。 出金申請から実際に着金するまでの時間は短い方が良いので、なるべく午前11時過ぎくらいにジパングカジノから出金申請するのがおすすめです。 またほかにも明記こそされていないものの、多くのオンラインカジノで禁じられている低リスクベットは避けた方が良いでしょう。 ペイトラとエコペイズのみという体制が長く続いており、今後も新たな決済方法が導入されることはあまり期待できません。